心不全治療


エディターズチョイス
アルツハイマー病は治癒しますか?
アルツハイマー病は治癒しますか?
うっ血性心不全の治療は、心臓病専門医にガイドされ、通常心筋を強化するカルベジロール、エナラプリルまたはロサルタンなどの降圧薬を使用して心臓の血圧を下げるなどの心臓薬の使用が必要です流動保持を減少させるために、フロセミドなどの利尿薬が含まれる。 救済に加えて、患者が病気の重症度に応じて心臓専門医、理学療法士、または体育教師によって適応された歩行またはサイクリングのような規則的な身体運動を行うことは、依然として非常に重要である。 患者の回復と症状の軽減を助けるためには、心不全のための理学療法が必要であり、さらに重篤な症例では、心臓移植が必要な場合があります。 私たちの栄養士のおかげでダイエットが心不全を改善する方法を学ぶ: 非代償性心不全治療 肺を灌流する静脈に血液が蓄積するため、患者が呼吸に大きな困難を呈するのが一般的であるため、非代償性心不全の治療は酸素と薬を静脈に直接使用して病院で行うべきである。 通常、代償不全の心不全は、患者が適切に治療しないときに起こり、身体の腫れや呼吸困難などの症状を引き起こす。 救済 フロセミド、エナラプリル、ロサルタン、カルベジロール、ビソプロロール、スピロノラクトンまたはバルサルタンが、心不全、特に慢性心不全を治療するために医師によって処方された主な救済策である。 心臓病専門医は、体内で異なった働きをして心臓の能力を改善するため、これらの薬物療法の2つ