自家製軟膏用軟膏


エディターズチョイス
アルツハイマー病は治癒しますか?
アルツハイマー病は治癒しますか?
ワセリンとアロエベラゲルを配合したワセリン軟膏は、服や料理を選ぶときに起こるような、軽度の熱傷(1度または2度)に直接適用できる優れた自家製のソリューションです。 これらの火傷は不快感を引き起こし、吹かれるべきではない皮膚に小さな水疱を形成することがある。 各レシピを準備する方法は次のとおりです。 クレソンで焼くための軟膏 火傷をするのに良い手作りの軟膏は、痛みを和らげ、水疱の形成を防ぐのに役立つので、ワセリンと一緒にクレソンです。 成分 液体石油ゼリー2大さじ クレソンジュース大さじ2 準備のモード 水分を遠心分離機に通し、均一に混合されるまでジュースを石油ゼリーと混ぜる。 このローションを火傷部位に3〜4回、適切に治癒するまで渡します。 この軟膏は、冷蔵庫内の密閉された暗い容器の中に最大15日間保管してください。 スリムバーンジェル 火傷のための優れた自家製ゲルは、スラグからゲルを取り除いた状態で調製されており、皮膚の再生に役立つ特性を含んでいるためです。 成分 2スープのスラグゲル 1gのビタミンC粉末または発泡剤 ビタミンEオイル80ml ラベンダーエッセンシャルオイル2滴 準備のモード すべての材料を木製のスプーンでよく混ぜ、きれいなガラス瓶に蓋をして保管する。 このゲルを火傷領域で1日3回通過させます。 この自家製レシピは、冷蔵庫で最大2ヶ月間保管することができます。 軟