喉頭の騒ぎ:それは何か、症状と診断方法


エディターズチョイス
炭水化物のカウントで糖尿病をコントロールする方法
炭水化物のカウントで糖尿病をコントロールする方法
喉頭炎は、喉頭感染であり、3〜3歳の子供に通常発生し、症状が適切に治療された場合、3〜7日間持続する。 狭窄喉頭炎の特徴的な症状は、粘液の産生および乾燥が増加し、気道の軽度から中程度の閉塞を招くことがあるために起こる犬の咳と呼ばれる乾咳である。 このタイプの喉頭炎は、通常、風邪やインフルエンザの結果であるため、晩秋と冬に発生するのが一般的です。 治療は小児科医の勧告に従って行われ、残りの声と十分な液体の摂取が含まれます。 肺性鵞口瘡の症状 より厳しい喉頭炎の最も特徴的な症状は、通常は夜間に悪化し、嘔吐を引き起こす可能性のある犬の咳として知られている乾咳です。 その他の症状は次のとおりです。 ぎこちなさ; 軽度または中程度の気道閉塞; 喉頭や声帯の腫れによる呼吸困難。 このタイプの喉頭炎は、通常、発熱、炎症または痛みを引き起こさず、パラインフルエンザ、インフルエンザ、呼吸器合胞体ウイルスまたはアデノウイルスなどのウイルスとの接触によって最も頻繁に引き起こされます。 稀なことに、呼吸器アレルギー、胃食道逆流、または大きすぎると呼吸困難につながるリンパ組織のセットである肥大したアデノイドのために、激しい喉頭炎が起こることがあります。 アデノイドの詳細 診断はどのようにして行われますか? より厳しい喉頭炎の診断は、臨床評価、症状の説明、および咳の存在により、小児科医によって行われる。 声帯と