メイン / 妊娠 / 2018

妊娠中の痙攣:何をすべきか知っている


エディターズチョイス
アルツハイマー病は治癒しますか?
アルツハイマー病は治癒しますか?
妊娠時のけいれんの存在はかなり一般的ですが、非常に不快な状況ですが、任意の年齢の妊婦で発生する可能性があり、脚でより一般的です。 痙攣の発生は、通常、体内のカルシウムとマグネシウムの量が少ないため、栄養欠乏に関連しています。 したがって、妊娠中の痙攣を避けるためには、定期的な身体活動とストレッチングに加えて、栄養士によって示されるべきカルシウムとマグネシウムが豊富な食品からなる適切な食事療法に従うことが重要です。 妊娠中の痙攣の原因と治療方法を知ってください。 観光スポット 痛みがある場合でさえ、痙攣の時には、罹患した筋肉を長くすることが重要である。 子牛の場合、例えば、それを伸ばすために、以下のストレッチを行うことができる: カーフストレッチ つま先のためのストレッチ 伸びが正しく行われるためには、この位置に少なくとも1分間立たなければなりません。 これは、筋肉を緩めて痙攣を防ぎますが、その領域が痛いので、温かい圧縮を適用し、これらの場所でマッサージを受けることが役立つ可能性があります。 あなたが窮屈なときに何をすべきかを知る。 痙攣を感じるときにストレッチすることに加えて、不快感を予防し、柔軟性を与え、姿勢の変化を修正するだけでなく、毎日ストレッチすることが重要です。 キャリアガイダンスを用いて軽い身体活動を実践することにより、けいれんの発生を防ぐこともできます。 食べるもの 妊