糖尿病患者はアルコール飲料を摂取してはならない


エディターズチョイス
ロイシンが豊富な食品
ロイシンが豊富な食品
糖尿病患者は、アルコールが最適な血糖値をアンバランスさせ、インスリンと高脂血症または低血糖を引き起こす可能性のある経口抗糖尿病薬の効果を変えることがあるので、アルコールを飲むべきではありません。 糖尿病患者がビールのような過剰なアルコール飲料を摂取すると、肝臓に過負荷がかかり、血糖調節のメカニズムが損なわれる。 しかし、糖尿病患者が適切な食事を与えられ、砂糖レベルが管理されている限り、彼は自分のライフスタイルからアルコール飲料を完全に排除する必要はありません。 糖尿病におけるアルコールの最大量 アメリカ糖尿病学会によると、補償された糖尿病患者が一日に飲むことができるアルコールの最大量は、害がありません: 5%アルコール(ビール2缶)680mlビール; 12%アルコール(1杯のワインの半分)を含む300mlのワイン。 ウイスキーや40%アルコール入りウォッカ(1回分)など蒸留した飲料90ml。 これらの量は、制御された血糖値を有する男性糖尿病患者について計算され、女性の場合、量の半分が考慮されるべきである。 糖尿病に対するアルコールの影響を減らすために何をすべきか アルコールの糖尿病への影響を減らし、低血糖を避けるために、空腹時には、たとえ制御された糖尿病や飲酒が推奨量であっても、飲むべきではありません。 したがって、糖尿病患者がアルコール飲料を食べるときには、アルコール吸収を遅くする