副鼻腔炎の最善の救済策


エディターズチョイス
デング熱症状は何日続くのですか?
デング熱症状は何日続くのですか?
例えばシヌタブなどの副鼻腔炎治療は、鼻のうっ血や頭痛などの症状を緩和するのに役立ち、副鼻腔炎の場合にはしばしば推奨されます。 慢性副鼻腔炎のその他の治療法は次のとおりです。 タイレノール・シヌス; Nasonexスプレー; Sorine。 さらに、アモキシシリンまたはセファレキシンなどの抗生物質は、例えば、急性副鼻腔炎の場合に最も一般的な鼻腔炎感染を排除するために使用することができる。 パラセタモールやアスピリンなどの鎮痛薬やプレドニゾンやイブプロフェンなどの抗炎症薬は、頭痛や咽喉炎を治療するために医師が処方することもできます。 アレルギー性副鼻腔炎の場合、最も一般的に使用される治療薬は、例えば、ロラタジン、セチリジンまたはテルフェナジンなどの抗ヒスタミン薬であり、アレルギーを軽減し、副鼻腔内の圧力を緩和するのに役立ちます。 乳児の副鼻腔炎の治療法 子供の副鼻腔炎の治療法は、小児の症状、年齢および体重に応じて小児科医によって処方されるべきであるが、良好な解決策は、副鼻腔の排液を促進するために生理食塩水または生理食塩水で鼻洗浄を行うことである。 自宅で副鼻腔炎のための生理食塩溶液を作る方法を学んでください。 副鼻腔炎のホーム治療 副鼻腔炎の大きな治療法は、たとえば、ブキンハやユーカリなどのハーブを使用して、1日に約20分の2〜3回の噴霧をアプライアンスで行うことです。 良い方法は、シャ