肝臓、何を食べる? - 胃腸障害

肝臓、何を食べる?



エディターズチョイス
Helmizol  - ワームと寄生虫を駆除するための治療
Helmizol - ワームと寄生虫を駆除するための治療
腹部膨満、頭痛、腹部の右側の痛みなどの肝臓の問題の症状の場合は、軽食を食べ、以下のような食品を解毒することが推奨されます: アーティチョーク; 暗くて苦い葉の野菜。 オレンジ、レモン、アセロラ、ブラックベリー、パイナップルなどの柑橘系果実。 あなたは一日の各食事で果物の一部を食べ​​るべきであり、これは主にサラダと、例えば鶏の胸のような赤身のグリルした肉約100グラムから成っているはずです。 ココナッツウォーターは、ミネラルを補給して体を潤すのに最適です。 一般的に、天然のものは、スーパーマーケットで瓶詰めされたものよりも、よりおいしく、より栄養価が高い。 肝臓が良くないときは、揚げ物や缶詰の黄色いチーズなどの重くて脂肪の多い食品を食べてはいけません。ソーダを飲んだり、アルコールを飲んだりしないでください。 肝臓のダイエットのヒントをもっと調べてください。 肝臓にお勧めの食品 推奨される肝臓飲料 過ぎ去った後に何をすべきか? 腫れた腹や肝臓の感覚を終わらせるには、次のことが重要です。 アルコールやカフェインを飲むのは避けてください。 揚げ物、脂肪分、お菓子を食べないでください たくさんの水を飲む。 解毒特性を持つお茶を飲む。 果物を食べる。 リンゴ、ビート、レモンのような食べ物を軽くて解毒する。 あまりにも多くの炭水化物を食べることを避ける。 幸福と腫れ感を改善するために身体活動を行