4歳以降にいつ予防接種を受けるべきですか?


エディターズチョイス
ロイシンが豊富な食品
ロイシンが豊富な食品
4歳から、小児は、ポリオ、ジフテリア、破傷風、百日咳などのいくつかのワクチンをDTaPとして追加投与する必要があります。 両親が予防接種のスケジュールを知って、子供のワクチンを最新の状態に保つことは、健康に重大な影響を及ぼし、子供の身体的および精神的発達を損なう可能性のある病気を避けることが重要です。 インフルエンザワクチンとも呼ばれる年次インフルエンザワクチンは、6ヵ月齢から投与することをお勧めします。 9歳未満の小児で初めて投与された場合、30日間間隔で2回投与されることが示されている。 4〜10歳の子供の予防接種スケジュール 子供の予防接種計画は、2017年に保健省によって更新され、以下に示すように、各年齢で実施すべきワクチンと増強を決定した。 4年 ジフテリア、破傷風および百日咳に対して保護するトリプルバクテリアワクチン(DTPa)の強化。 最初の3回のワクチン接種は生後1ヶ月目に行われ、18ヶ月齢、4歳児、10年ごとに増強されます。 このワクチンは、ベーシックヘルスユニットと私立診療所で入手できます。 DTPaワクチンの詳細をご覧ください。 幼児期の麻痺としても知られる、ポリオ撲滅のためのVIPワクチンの補強。 最初の3回のワクチン接種は、生後数ヶ月間に行われ、その後18ヶ月と4歳で強化されるべきです。 ポリオワクチンの詳細をご覧ください。 毎年、厚生労働省はポリオ予防接種