ヘック病の治療はどのように行われますか?


エディターズチョイス
アルツハイマー病は治癒しますか?
アルツハイマー病は治癒しますか?
口の中のHPV感染症であるヘック病の治療は、疣贅様の病変が口の中に発生したり、多くの不快感を引き起こしたり、顔の美的変化を引き起こしたりする場合に行われます。 従って、皮膚科医によって推奨されるとき、ヘック病の治療は、 小手術: 皮膚科医の局所麻酔で行われ、メスで病変部を除去することからなる。 凍結療法: 組織を破壊し、瘢痕形成を促進するために病変部に寒冷を適用することからなる。 ジアテルミー(Diathermy): 病変に電磁波を印加し、循環を増加させ、組織の再生を促進する小型装置を使用する技術である。 イミキモドの5%への適用: HPV疣贅を週に2回、約14週間適用するために使用される軟膏です。 それは結果がより少ないのであまり使われていないテクニックです。 ヘック病が患者の日常生活に何らかの変化をもたらさない場合、病変は良性であり、数ヶ月または数年後に消えて再現されないので、通常は治療する必要はない。 病変を除去するための軽微な手術 イミキモドの5% ヘック病の症状 病巣の主な症状は、上皮性肥厚症としても知られているが、疣贅のように見え、口の中にやや白っぽい色をした口の中の斑または小さな球の出現である。 痛みを引き起こすことはありませんが、口に現れる病変は、特に噛んだり話したりするときに迷惑になることがあります。しばしば痛みや出血の原因となることがあります。 ヘック病の診断 ヘ