赤ちゃんのローミングを減らすためのヒント


エディターズチョイス
薬用植物の猫の爪
薬用植物の猫の爪
赤ちゃんをかみつくことは、何の努力もせずに、哺乳瓶または哺乳瓶を飲んだ後、少量のミルクを口から出すことが特徴です。 この状態は、新生児では非常に一般的で、最大約6か7か月間ですが、赤ちゃんが次に泣くかもしれないので、赤ちゃんと両親のために不快なことがあります。 赤ちゃんのクロールを減らすためのいくつかの非常に重要なヒントは次のとおりです。 赤ちゃんが摂食中に多量の空気を飲み込むのを防ぐ。 授乳中や授乳後に常に赤ちゃんを餌にしてください。 タイトな小さな服とおむつで赤ちゃんを服を着せよ。 授乳後に赤ちゃんを突然動かさないでください。 授乳後30分間寝るだけです。 授乳をしていない赤ちゃんは、Aptamil AR、Nan AR、Enfamil AR Premiumなどの特定の逆流牛乳を飲むことができます。 詳細はこちらをご覧ください。 赤ちゃんが飲み込んだ空気の量を減らすために、母親は正しい母乳育児のテクニックを採用するか、哺乳瓶を吸っている赤ちゃんの場合は常に牛乳をいっぱいにしておきます。 また、抱っこした後に赤ちゃんを投げる必要がある場合は、赤ちゃんの頭を持ち上げるのではなく、赤ちゃんの頭の下ではなく、マットレスの下にクッションを置き、赤ちゃんの頭を持ち上げて横に置きます。 別の可能性は、ヘッドを常に足よりも高く保つために、30度の角度でベビーベッドの頭部に5~10cmの高いくさびを