外胚葉性異形成の治療


エディターズチョイス
ロイシンが豊富な食品
ロイシンが豊富な食品
外胚葉性異形成の治療は特異的ではなく、この病気には治癒はないが、病気によって引き起こされるいくつかの奇形を解決するために美容外科手術を用いることができる。 外胚葉性異形成は、出生時に赤ちゃんで起こる稀な遺伝的問題のセットであり、そのタイプによっては、例えば、髪、爪、歯または汗腺の変化を引き起こす。 外胚葉性異形成の治療法がないため、小児科医が子どもの発達を評価し、自尊感情を改善するための美容外科手術の必要性を評価するために子どもに頻繁にフォローアップされるべきである。 さらに、特に汗の産生がない場合は、過度の体温による日の脳卒中発症のリスクが高いため、子供の体温を毎日評価することが重要です。 温度を正しく測定する方法は次のとおりです。 歯の欠如や口の変化がある場合は、歯科医に相談して口を完全に評価し、子どもが正常に食べられるように手術や歯科補綴物を含む適切な治療を開始することをお勧めします。 子供が発汗しているときの温度を測定する 口の変更を修正するために歯科医に相談する 外胚葉異形成の症状 外胚葉性異形成の主な徴候および症状には以下が含まれる: 再発性の発熱または体温が37℃を超える。 ホットスポットに対する過敏症; 口の中の奇形、欠けた、鋭い、または非常に遠い歯。 非常に薄く脆い髪。 細かい変質した爪; 汗、唾液、涙および他の体液の産生の欠如; 皮膚は薄く、乾燥し、鱗片状で非常に