膵炎のための食事療法


エディターズチョイス
妊娠中に練習する最悪の練習は何ですか?
妊娠中に練習する最悪の練習は何ですか?
成功した治療には膵炎の食事療法が不可欠です。 膵炎の食事療法では、以下が推奨されます: アルコール飲料を飲まないでください。 脂肪を含む食品を食べないでください。 大量の食事を避ける。 膵炎食の目標は、低脂肪食(40-60g /日)を提供し、膵臓酵素の産生を抑制し、痛み、吐き気、および嘔吐の症状を軽減することである。 消化を容易にするために、医者は主食の前にパンクレアチンと呼ばれる膵臓酵素様薬物の摂取を処方することができる。 膵炎に許容される食品 膵炎で禁じられた食品 膵炎の食事療法 40gの脂肪を含むこの食事は、膵炎の場合に適用できる食事の一例と考えることができます。 2カップ スキムミルク 0 170グラム 痩身肉、魚または家禽 18 週3回 卵全体または卵黄 2 3つの部分 野菜(濃緑色と濃い黄色を含む) 0 3つの部分 果実(少なくとも1つのクエン酸) 0 十分 脂肪なしのパンや穀物 0 茶さじ1杯 マーガリン 20-25 総脂肪 38 - 43 以下のビデオを見て、膵炎に罹患している人々のために示されたこれらおよび他の食品をチェックしてください。これらの場合、補給は最も適切です。 急性膵炎 急性膵炎では、摂食を中断し、静脈内水和は患者を安定に保つ重要な方法です。 危機がそれほど深刻でないときのもう一つの解決策は、痛み、吐き気または嘔吐の症状を軽減し、容易な食物で進行させるこ